ロタウイルスワクチンについて
2020年10月から定期接種となります
予約対象と接種間隔
生後2か月から24週までの方(1回目は14週6日まで)
1回目から2回目は27日以上あけて接種
 当院ではロタワクチンの副反応の腸重積のリスクを出来る限り避けるため、1回目の接種は生後2ヶ月から14週6日目までとさせて頂きます。
当院のロタクチンの種類はロタリックス®です。(ロタワクチンは1回目に使用したものと同じ種類で接種となりますのでご注意ください)
ロタワクチンは生後2か月でヒブ、肺炎球菌、B型肝炎ワクチンとの同時接種での開始をおすすめします。
経口ワクチンのため、接種1時間前には授乳をすませて下さい。
予診票は記入の上、ご来院下さい。
任意接種の方は、接種前に来院され予診票をお受け取り下さい。
2020年8月以降に生まれた方は10月から定期接種となります。それ以外の方は任意接種となります。任意意接種費用15,000円(1回目、2回目ともに)
生後2か月で同時接種での開始をおすすめする理由
  • ★ロタワクチンは開始年齢がはやいほうが副反応の腸重積のリスクが低いとされています。
    腸重積のリスクのため1回目は生後14週6日目までの接種が推奨されています。2回目は24週までとなります。他のワクチンと比べ接種期間が短いワクチンです。
  • ★他のワクチンとの同時接種でスケジュールがたてやすくなります。
     生後2ヶ月からヒブ、肺炎球菌、B型肝炎ワクチンの接種ができます。
    これらは小さなお子さまが重症化する危険が高い細菌性髄膜炎に対する予防効果(ヒブ、肺炎球菌ワクチン)や、B型肝炎に対する予防効果のあるワクチンです。
     生後3か月からは四種混合ワクチンも加わります。
    同じワクチンを次に接種するにはそれぞれ決められた接種間隔があります。スケジュールをたて接種をされることをおすすめします。
  • ★生後2ヶ月で開始することでロタワクチンの副反応のリスクを低くし大切な他のワクチンの接種もできます。標準的な接種のスケジュールにあわせて接種ができ、次のスケジュールもたてやすくなります。このため生後2ヶ月で同時接種での開始をおすすめします。